自分で可能なのか?引越しを自分でできない場合は業者に依頼しよう!

引越しを考えている人の中には、自分で行いたいと思う人がいるかもしれません。実際はどうなのかというと、やろうと思えば自分で引越しを行うことは可能です。しかし多くの場合は、引越し業者に依頼することが多いはずです。

今回は、自分で引越しを行うメリットとデメリットを併記しながら、引越し業者に依頼する利点についても紹介します。

 

1.自分で引越しをするメリット

まずは、自分で引越しを行うメリットについて詳しくご紹介します。

1-1.自分で引越しをすると費用の節約になる

自分で引越しを行う最大のメリットは、費用の削減ができることです。自分で引越しを行う場合は、レンタカー代・運搬するための交通費などの実費・段ボールなどの資材費がかかります。引越し業者の場合は、これらの費用のほかに、業者の人件費があるので、より高額になります。

自分たちで作業を行う時間が十分にあって、近距離かつ費用を削減したい場合は、自分で行うことを検討するのもよいでしょう。

1-2.自分たちの都合だけで引越しができる

自分で引越しする場合は、好きなタイミングで行えることが利点です。3月の繁忙期になると、業者に引越しの依頼をするのに、なかなか予約がとれないことが起こり得ます。ある意味で、引越し業者の都合次第で引越しの日時が決まるということです。

それに対して、自分で引越しを行う場合は、繁忙期であっても、自由に日時を決められます。引越し業者の都合をまったく考えることなく、自分たちのスケジュールに沿って決めることが可能です。

2.自分で引越しをするデメリット

引越しを自分でする場合は、費用などにおいてメリットもありますが、時間や手間の部分では、大きなデメリットが数多くあります。ここからは、デメリットについて詳しくご紹介します。

2-1.引越し作業に伴う準備を行う必要がある

引越し作業は、荷物を梱包してトラックで運搬します。ただしその前に、引越し作業を行うための準備が必要になります。引越しに必要となる段ボールなどの資材を揃えたり、作業を手伝ってくれる人を見つけたり、レンタカーを調達したりしないといけません。こういう引越し作業に伴う準備が、手間になることがあります。

しかし引越し業者に依頼すると、これらの準備をすべて行ってくれるので、依頼者は引越し作業のみに集中できます。引越し作業に伴う準備を行わなくて済むのは、忙しい依頼者にとってとてもありがたいことです。

2-2.引越し作業に膨大な時間がかかる

自分で引越しを行う場合は、すべての作業を行わないといけません。荷物を段ボールに詰めるところから、荷物の運搬・荷解き・設置に至るまで、すべての作業を行う必要があります。

一人でできない場合は、知り合いや家族に手伝ってもらうことになるでしょう。中には重い荷物もあるので、それを安全に運搬するのはとても難しいことです。

自分たちで引越し作業を行うと、重労働で時間がかかることがわかります。それに対して、業者に依頼することで、すべての作業を行ってくれるので、依頼者は心配する必要がなくなります。

2-3.荷物などが破損した場合は自己負担になる

荷物を運搬する過程で、その中にある割れ物が割れてしまうことがあります。それだけでなく、床や壁などを傷つけてしまうこともあるでしょう。自分で引越しをする場合は、これらのことが起こるリスクが十分にあります。なんらかの理由で荷物が破損した場合でも、それは自己負担になります。

しかし、引越し業者に依頼する場合は、荷物の破損や住居の損傷があったときに、なんらかの補償を受けることが可能です。そもそもこれらのことが起きないように、引越し業者の担当者は、養生をするなど、注意して運んだりしています。

2-4.引越し以外のところで費用が余計にかかる

引越しを一人で行った場合は、引越しに伴う費用のみで済みます。しかし、知り合いに手伝ってもらった場合は、そういうわけにはいきません。引越しを手伝ってくれた知り合いに対して、謝礼を支払うのが一般的です。謝礼の形は、現金を包むことや食事をおごるなど、何でも構いません。とにかく手伝ってくれた知り合いに、感謝の意を伝えることが大切です。

引越しを行うときには、手伝ってくれる知り合いへの配慮など引越し以外のところで、費用がかかる点に注意してください。

3.長距離の引越しの場合は業者に依頼したほうがよい

ここまで、自分で引越しをするメリットやデメリットを紹介してきました。短距離や近郊の引越しであれば、自分たちでやってもよいかもしれません。しかし長距離の引越しであれば、間違いなく業者に依頼するべきでしょう。

自分たちで長距離の引越しをする場合は、そのメリットがほとんどなくなります。長距離では意外と時間と費用がかかるので、かえって業者に依頼したほうがましなケースが多いでしょう。

4.引越し作業に手間をかけたくない際は業者に依頼しよう

引越し作業を自分でやると、とても手間がかかることがわかります。とくに大型家電や家具などの運搬は、慣れていないと難しいので、そういう作業に慣れている業者に任せたほうが安心できます。

荷物の量が多かったり、遠距離に引越ししたり、引越しのための時間がとれなかったりする場合は、引越し業者に依頼しましょう。

5.まとめ

今回は、引越しを自分で行うメリットとデメリットについて見ていきました。自分のタイミングで行え、費用が削減できることはよいけれども、作業に手間がかかったり、荷物の破損などが起こったりします。とくに長距離の場合や手間をなるべく減らしたい場合は、引越し業者に依頼するべきです。

引越し業者に依頼したい場合は、「楽々荷造り引越しサービス(楽荷)」までご連絡ください。弊社は、梱包から運搬や荷解きまできちんと対応していますので、安心して任せてください。

ホームページはこちら

  • banner02
  • banner03
  • banner04
  • footer_banner04