引越し準備編 ダンボールが届いたらどうすればいいの!?

引越しの準備を始めよう!!

引越しの契約が決まり、次にやってくるのが引越しの準備です。いわゆる荷造り(梱包)です。
引越しは業者がほとんどやるので疲れることはないのですが、荷造りはほとんどの方が自分で対応いたします。
(※弊社では基本荷造り付き引越しとなっておりますので楽ですよ〜〜)

ダンボールが届いたら何をすればいいの!?

まずは荷物の仕分けを行いましょう

  • 要るもの、いらないものに分ける。  →不用品は弊社でも処分可能です。<<価格表はこちら>>
  • 当面使わないもの、日々日常的に使うものに分ける。
  • 新居の間取りを参考に部屋割りを考える。

さぁ荷造りの始まりです!

弊社ではダンボールの大きサイズ(M)と小さいサイズ(S)とクレープ紙、テープをお配りしております。

ダンボールや資材

ダンボールSサイズの中に入れるもの

  • 食器
  • 化粧品

量をまとめると重いもの、注意すべきものはできる限りSサイズで梱包をお願い致します。
そして、Sサイズでも7割〜8割程度の梱包でお願い致します。いっぱい詰めすぎると、40kg〜50kg程度になり、お客様のご移動や引越し作業にも影響が出ます。くれぐれもお願い致します。

ダンボールMサイズの中に入れるもの

  • S以外のもの
  • 衣類
  • 雑貨
  • 調理器具

などなど、比較的軽いもの、そしてかさばるものをMサイズで梱包お願い致します。
こちらは軽いものであれば満帆に入れてもらってもOKです。重いものは5割〜6割程度にお願い致します。

梱包不要なものはこちら

  • ダンボールに入らないもの
  • ハンガーにかかっているお洋服
  • 家電(コードが付いているものは梱包不要です)

ダンボールの作り方

ダンボールは潰れている状態で納品いたしますので、おうちの中で組み立てる必要があります。
参考動画はこちら

注意点

  • 底面は必ず、十字にテープを貼る。強度が上がります。一本だと運搬中に底が抜けてしまいます。
  • 中に入れたものは必ず記載する。(どこの部屋の◯◯)
  • ダンボールの上面と側面にも記載しておく。面倒な場合は、側面だけでもOK

ワンポイントアドバイス

弊社ではテープを3種類に分けております。上手な引越しをするためのアドバイスです。

  • 赤テープ(もしくは赤ペン)は割れ物、注意してほしいものを入れた際に使用する。
  • 黄色テープ(もしくは黄色ペン)は引越し先ですぐに使用したいものを入れた際に使用する。
  • 通常のテープは底面や、上記以外のものを入れた際に使用します。

特に難しい食器の梱包はこちらを参考に

上記いかがでしたでしょうか。弊社では荷造り付き引越しをメインとしておりますが、お客様自身で梱包する場合もございます。その際に、こちらのページをご利用いただくことでとてもスムーズな引越しとなります。
引き続き、楽々荷造り引越しサービスをご利用ください。

 

  • banner02
  • banner03
  • banner04