長距離の引越しをする際の準備とは?注意点も紹介

長距離の引越しをする際の準備とは?

お引越しをする方の中には、転勤などによって長距離の引越しになるケースも存在します。近距離での引越しであれば何度か経験されているかもしれませんが、長距離というのはそうないことのため、普段の引越しとどのように違うのか気になるのではないでしょうか。そこで今回は長距離の引越しについて、どのような準備をしたらよいのかをご紹介いたします。

引越し先と日程を決める

引越しをする場合にはまずは引越し先を決めなければなりませんが、長距離での引越しとなる場合にはなにかしらの理由があるものです。その代表例が転勤でしょう。転勤の場合には新しい勤務地があらかじめ決められているため、その周辺などで新居を探すことになります。ただし企業によっては、社宅が用意されていることもあります。

新居探しの際に困ることといえば、知らない土地であるがゆえに地域情報が薄いという点でしょう。たとえば都内や県内などであれば、ある程度その地域の治安や周辺情報がわかるため新居選びに役立ちます。しかし長距離の引越しでは見知らぬ土地であることが多いため、ネットなどの情報を参考に判断しなければならなくなってしまうのです。

土地が違うだけで風習なども若干異なりますので、思わぬトラブルに遭遇してしまう可能性もあります。そういったときには、転勤先の方にあらかじめ情報を提供してもらうとよいでしょう。そうすることで実際に住んでいる方の「生の声」を参考にできるので安心できます。そういった方法で新居を決めたら、いつ引越すのか日程も決めてしまいましょう。転勤であれば転勤先での仕事はじめの日も設定されているはずなので、引越し後の部屋の整理も考えて数日前を引越し日に設定すると楽です。

引越し業者を決める

新居と引越し希望日が決まったら、引越し業者の選定をしましょう。引越し業者では一日に何件か回れるように、基本的には近距離での引越しをメインとしている場合が多いため、長距離の引越しを依頼すると近距離よりも費用が高額になる傾向にあります。これは往復の移動時間や、作業員の拘束時間が長くなることが理由です。依頼する側としては、一定の品質が保たれていればできる限り安く済ませたいことでしょう。

そこでおすすめなのは、長距離をメインとして扱っている引越し業者です。長距離ならではの対応に慣れていることと、費用面にも期待ができます。また1社だけでなく、まずは何社かピックアップした上でそれぞれ見積もりを依頼するのは鉄則です。費用だけでなくサービス面などを考慮した上で、ベストだと思える業者に依頼をするとよいでしょう。

しかし場合によっては引越し希望日がすでに埋まっており、別日にしなければならない場合も少なくありません。そうなったときを想定して、第2候補の引越し希望日や引越し業者を選んでおくと気持ち的にも楽でしょう。

荷造りをする

引越しをするうえで最も大変なのが、荷造りではないでしょうか。普段の生活の合間を縫って、部屋の中の荷物をすべて梱包しなければなりません。平日は仕事終わりの時間だけになってしまい、残業などで帰宅時間が遅いことが多い場合には、その時間の捻出が困難となります。しかも転勤の場合、数週間後や一か月後などの急なスケジュールも珍しくないため、なおさら荷造りをする時間は限られてしまいます。

室内にそこまで荷物がない場合や、休みの日などに荷造りを手伝ってくれる仲間がいる場合であれば、比較的すぐに荷造りを完了させられるかもしれません。そうでない場合には、荷造り代行サービスに依頼するというのもひとつの手です。これはご自身に代わって荷造りを行ってくれる非常に助かるサービスのことで、荷造りをする時間や余裕がない方にはまさにおすすめです。貴重品などを除き、梱包をお願いしたいものだけを指定することで代行してもらえるため、便利といえるでしょう。

また経験豊富なプロが行ってくれることで、運搬しやすさや新居で開梱することを考えた荷造りをしてもらえます。これは素人がやる梱包とは、雲泥の差です。どうしても種類でまとめてしまい、最終的な箱の重さを重視して荷造りしがちかもしれません。その結果新居でなかなか開梱作業がはかどらずに、何週間経ってもまだ新居には封がされたままのダンボールが、いくつも積み上がっているという状況になってしまうのです。自分ひとりで行わなければいけないものではありませんので、ベストな手段で荷造りを済ませるとよいでしょう。

長距離の場合の注意点

長距離の場合には、引越し業者の選定がなによりも重要といえるでしょう。費用面ばかりでなく引越し先が対象エリアでないことも考えられるので、「いまの住居から新居までの長距離を対応してもらえるのか」は重要なポイントとなります。

とくに転勤のように、限られた時間の中で引越しを済ませなければならない状況であれば、申込や対応などがスムーズかどうかという部分も大切です。引越しトラブルは少なくないため、無駄な時間を取られてしまうことのないように見極めなければなりません。また荷物忘れなども長距離の引越しの場合には致命的です。すぐに戻ることや往復も難しいので、そういったことのないようにこまめにしっかりと確認しながら進めるとよいでしょう。

まとめ

長距離の引越しは近距離とは違い料金も高額になりがちで、忘れものがあった場合に簡単には元の住居へ戻れません。しかし転勤などでどうしようもないケースもあるため、スムーズに完了するために長距離の引越しに慣れた業者に依頼することをおすすめします。楽々荷造り引越サービスでは、荷造り代行から長距離の引越しをメインで行っていますので、もしもの際にはお気軽にお問い合わせください。

  • banner02
  • banner03
  • banner04