引越しの見積もりをお願いするときに必要なことって?注意点など詳しく解説

引越しをすると決まれば、引越し業者を選ばないといけません。大手も含め、たくさんの引越し業者が存在し、どういったことを基準に決めたらよいのか迷うことでしょう。一番わかりやすいのは、値段の比較です。

見積もりを、最低でも3社とるとよいと、一般的にはいわれています。今回は、見積もりをとる際、気を付けなければならないことをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

1.見積もりをお願いする前に

見積もりをお願いする前に、必要な情報を集めておきましょう。次に挙げることを整理しておくことで、より正確な代金の算出が可能になります。

1-1.新居の情報

まずは新居の情報です。遠方なのか近所なのかの住所はもちろんのこと、搬入先の周辺情報は必要です。家の前の道路にはトラックが停められるのかどうか、マンションならエレベーターの有無と広さは調べておくとよいでしょう。それで値段も変わってきます。

搬出場所にエレベーターがあるか、道路幅はなどの情報は見積もりの際訪れてもらえるのでわかりますが、インターネットで見積もりをお願いする場合は、それもあわせて必要になります。

1-2.引越しの時期

時期によって、値段の相場は変わります。3月や4月は、新学期などは引越しも多いので値段は高くなります。逆に10月や11月は、安めです。

一日の中でも、午前中にお願いすると高めの相場になります。次に高いのは夕方です。正午から3時までにお願いすると、比較的費用は抑えられます。業者によっては、時間帯を指定しないとお安くなるプランなども用意されています。

1-3.運ぶのに特殊な技術がいるものがあるかどうか

たとえばピアノなどは、繊細で運ぶのに少しの衝撃にも故障の可能性があります。こういうものは特殊な運ぶ技術が必要になるので、追加の料金が必要です。運転しての移動が不可能な場合、バイクや車も追加料金で運んでもらえる場合があります。必要なら見積もりの際可能かどうか問い合わせておきましょう。

1-4.不用品の処分があるかどうか

不用品の処分も、請け負ってもらえる場合があります。無料サービスのものと有料での処分が必要なものもあるので、お願いしたい場合は、それも明確にしておくといいでしょう。あらかじめ捨てておくと、運んでもらう荷物も減るので、引越しをする前に、いらないものは処分しておきましょう。

1-5.引越し業者に頼む範囲

完全に梱包からお願いするのか、搬出から搬入までのみお願いするのか、引越し業者にお願いする範囲を決めておきましょう。仕事で忙しくて梱包から荷ほどきまですべてお任せする、などのケースは、料金も変わってくる可能性があります。また、もともと梱包のサービスは行っていない業者もありますので、頼みたい場合は、そのあたりも確認が必要です。

1-6.荷物の量

ほとんどの業者は、引越しに必要な時間と運ぶ荷物量で見積もり額を算出します。荷物がどれくらいになるかは把握しておきましょう。とくに大型だと思われる家具に関して、はサイズを測っておくとスムーズに見積もりが行われます。

2.見積もりをお願いするときの注意点

その他見積もりをお願いするときの注意点をまとめてみました。

2-1.およその見積もり額をネットで調べておく

なるべく複数の業者に見積もりをお願いすることをオススメしますが、時間がなかったり2社くらいにしかお願いできなかったりした場合には、あらかじめネットでおおよその相場を調べておきましょう。そうすることで、大幅に違った場合は疑問をもち、質問できるので安心です。

2-2.大手に偏らない

大手の引越し業者は、安心感があります。しかし、地域密着型の地元の業者も候補に入れてみるとよいでしょう。道路事情に詳しかったり特殊なサービスがあったりと、お得に感じることもあるでしょう。また、大手にはないような細かいサービスにも対応していることもあります。

2-3.見られたくないものは段ボールに入れておく

見積もりの際には、引越し業者には荷物を確認されることになります。とくに見られたくないものなどがあれば、あらかじめ段ボールに入れておくなど、お互いに気持ちよく作業が進むよう配慮しておきましょう。

2-4.変更があれば連絡する

「荷物が少し増えるけど当日に言えばいいか」ということがトラブルになる可能性もあります。少しでも運んでもらう内容などに変更が生じた場合は、連絡をするようにしましょう。追加料金がかかるといわれてしまうケースもあるので、確認をするようにしたいものです。

2-5.書面にすることを心がける

見積もりの際、お願いしたことをその場で「いいですよ」と返事をもらっていたとしても、実際に運ぶ作業員に伝わっていないことも起こります。そういったトラブルを避けるためにも、きちんと書面で見積書に残しておいてもらうようにしましょう。

3.まとめ

以上、引越しを考えたときにお願いする見積もりに関して、お願いする前にやっておきたいこと、お願いする際に気を付けておきたいことをまとめてみました。用意しておくこと心づもりをしておくことで、トラブルなく、スムーズに引越しが進みます。見積もりも正確に出してもらえるよう、きちんと情報を整理しておくことは大事です。

「楽々荷造り引越しサービス(楽荷)」では、お忙しい方のために梱包から荷造り荷ほどきまでお手伝いしています。また、長距離の引越しが得意です。どんな遠いところにも大切なお荷物を丁寧にお届けします。お引越しをお考えの際は、ぜひお見積もりのご依頼をお待ちしております。

ホームページはこちら

  • banner02
  • banner03
  • banner04
  • footer_banner04